手のこんだ料理よりも実は意外と美味しいんです。

少し前まで手がこんだ料理は美味しいと思っていました。
前日からメニューを決めて、場合によっては数日前からベースのスープを作る、そんな料理が美味しいと思っていました。
しかし、現実には手がこんだ料理をする時間や気持ちの余裕がありません。
とくに仕事から疲れて帰ってきたら、ごはんすら作ろうという気分にはなれませんでした。
帰りにコンビニに寄って適当なものを買って食べるというのが日常でした。
では週末はというと、ゆっくり休みたくてダラダラ過ごしてまたコンビニという始末でした。
そんな時、たまたま手抜き料理で美味しくなどという特集を読んだのです。
いわゆるまかないごはんのようなあっという間に作れて簡単すぎて料理と呼んで良いものだろうかというものです。
ですが、とても美味しそうなのです。
試しに作ってみようと思いました。
すると、なんと美味しいことか、目からウロコです。
それからというもの、私は週の半分は自炊をしています。
節約にもなるし、なんだか体調も以前よりもいいのです。
私を縛っていたのは料理に対する固定観念だけでした。キャッシング 即日